【第4回】タイトルの作り方でNG行為とは?ペナルティを回避しよう

  • URLをコピーしました!

こんにちは!優斗です。

タイトルライティング講座も今回で最後となります。

前回は、助詞や記号を上手に使って日本語として綺麗なタイトルになるように作りましょう!ということをお伝えさせて頂きましたが、今回は、その上でやってはいけない「NG行為」というものがありますので、お伝えさせて頂きます。

目次

タイトルのNG行為とは?動画で解説!

タイトル作りのNG行為に関して動画解説をさせて頂きました。

下記でも同じ内容を解説していますが、動画の方が理解を深められるという方は、上記よりご覧下さい。

ブログタイトルのNG行為を解説!

まずは、前回のおさらいになりますが、タイトルライティングは狙いたいキーワードを決めた後は

「助詞と記号で日本語としておかしくないように繋ぐ」ということでした。

さて、その上で意外とやりがちな「NG行為」というものがありますので、ご紹介します。

まずは、「記号を使いすぎる」また「日本語として成り立たない文章になっている」

というパターンです。

下記の例では「・」の記号だけでキーワードを繋いだタイトルとなっています。

また、下記の例のように、記号や助詞を全く使わないというパターンもNGとなります。

タイトルにキーワードを沢山盛り込みたい気持ちは分かりますが、これでは日本語として成り立たなくなってしまいます。

最悪の場合Googleからペナルティを受ける危険性もありますので、注意をしましょう。

そして、最後の例が最もやってしまいがちなミスです。

タイトルの中に同じキーワードを登場させてしまうことは、とても勿体無い行為になりますので、こちらも避けましょう。

まとめ

今回はタイトルライティングのNG行為についてご紹介させて頂きました。

タイトルと検索結果の関係性を意識しつつ、ユーザー目線に立ってタイトルを作れば、今回のようなNG行為は行わないかとは思いますが、意外と見落としがちになる部分もありますので、ご注意下さい!




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアをする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご感想いただけたら嬉しいです!(コメント欄はアウトプットにもご活用ください)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次