マーケティングとブランディングの違いとは?

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうとです(@yuto_himekuri)

クライアント様から「マーケティング」と「ブランディング」の違いについて、ご質問をいただいたので、僕の言葉で解説していきますね。

ここがわかると、色んな部分がスッキリしていきますよ。

目次

マーケティングとブランディングの違いとは?

結論からお伝えします。

マーケティングとは、「渡す」ことで、ブランディングとは「渡し方」のことです。

詳しく解説していきますね。

下記の画像をご覧ください。

上記の画像は、「キャッチボール」をしているイメージの画像です。

この画像に出てくる「ボール」は、あなたの商品・サービスです。

そして、このボールを渡すことを「マーケティング」という言うんですよね。

そして、「渡し方」のことを「ブランディング」といいます。

あなたは普段、ご自分のボール(商品サービス)をお客さまにどうやって「渡す」していますか?

両手で大切に運んでいき、相手の受け取りやすい形で「丁寧」に渡していますか?

まさか・・・力強く振りかぶって、全力投球で、しかも怖い顔をしながら「渡す」をしていませんよね?笑

丁寧に渡しても、乱暴に渡しても「渡す」は達成されますが、「渡し方」は「印象」として残ります。

  1. いつも丁寧に、笑顔で優しくボールを手渡してくれる人
  2. いつも怖い顔をして、全力投球でボールを渡してくれる人

あなたは、どちらの人と一緒にキャッチボールをしたいですか?

僕は、メンタルが弱いビビりくんなので、前者の「1.いつも丁寧に、笑顔で優しくボールを手渡してくれる人」の方が好きです。

だから、同じ商品サービスを買うなら、前者の人の方から買います。

でも、後者の「2.いつも怖い顔をして、全力投球でボールを渡してくれる人」が=「悪い人」な訳ではありません。

体育会系で、バリバリしごいてもらったほうが、成果を出せるアスリートだっていますよね?

それと同じで、お客さまが欲しいものは「結果」であり、自分の「幸せ」なんですよ。

だから、お客さまは自分の幸せが叶いそうな人(自分にあった人)を選びます。

さて、あなたはお客さまに対して、どんな「渡し方」をしているでしょうか?

まさか、SNSで広告(PR)ばかりをしていたりはしませんよね?

もし、あなたのSNSの投稿が「広告(PR)」ばかりになっているのだとしたら、「乱暴な渡し方をする人」に見えている可能性があります。

なぜなら、広告の目的は「販売」であり、エネルギーの流れは「奪う」「搾取」「受け取る」の方に流れているからです。

会うたびに、何かのPRをしてくる人がいたら、ちょっと距離を置きたくなりませんか?

もし、あなたが変な売り込みや、無理なセールスをしなくて「選ばれる人」「欲しい!と言われる人」「求められる人」になりたいなら、「渡し方」を見直す必要があります。

ぜひ、美しい売り方をしている人を参考にされてみてくださいね。

マーケティングとは、「渡す」ことで、ブランディングとは「渡し方」のことです。

「広告」と「広報」の考え方については、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

▼限定イベント情報配信中▼

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアをする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次