WEB集客するなら知っておきたい【3種類のコンテンツ】とは?

  • URLをコピーしました!

もし、あなたがWEB集客を成功させたいなら、ただガムシャラに、ブログやYouTube・SNSなどのコンテンツを作ってはいけません。

この記事でご紹介する「3種類のコンテンツ」を知った上で、狙ってコンテンツを作成することで、WEB集客を成功させることができるようになりますよ^^

結論からお伝えすると、WEB集客に必要なコンテンツの種類は、以下の3つです。

  1. 集客目的コンテンツ
  2. 信頼構築目的コンテンツ
  3. 収益化目的コンテンツ

この記事でご紹介して行く上記3つのコンテンツは、WEB集客目的でメディア運営をしている事業主の方だけではなく、

アフィリエイトなどの広告収入を得たいと思っている方や、自分のファンを増やすためにWEBを活用したいと思っている方にもご活用いただける内容になっていますので、どうぞ参考になさってくださいね^^

まずは、WEB集客を成功させるための全体像イメージをご紹介します。

全体像を掴まずに、枝葉部分だけ(テクニック・ノウハウ)を知っても意味がないので、まずは全体像を掴んでみてください。

目次

WEB集客の全体像(動線)のイメージ

「WEB集客の全体像イメージ」というのは、いわゆる“マーケティング”のことになります。

僕のブログは、マーケティング初心者、ビジネス初心者の方にでも、わかりやすく「集客」をお伝えしていきたいと思っているので、専門用語は極力使わずに、お伝えしていきますね^^

さて、僕が思う「WEB集客」の全体イメージとは、下記のイラストのようなイメージです。

ビジネスを成功させるためには、上記画像にある“3つの存在”が必要なんですよ。

  1. 誰に(お客さま)
  2. 誰が(あなた・販売者)
  3. 何を(商品・サービス)

上記3つの存在が揃ったときに、はじめてWEB集客が成り立ちます。

WEB集客というのは、上記イラストにあるような「理想の未来」を創り上げるための戦略を逆算して、あれやこれやと考えて行くということなんですよね。

まさに、親しい友人にプレゼントを渡すときのようなイメージです。

  • あの人はどんなものが好きだろう?
  • どんな渡し方をしようかな?
  • プレゼントの中身は喜んでくれるかな?

こういうことを考えていくのが、マーケティングというものです。

マーケティングという横文字にされると、難しく感じちゃうかもですが、実はそんなに難しいことではないんですよね!

そして、「プレゼントを渡す」という理想の未来を叶えるためには、以下の3つのステップが必要となります。

  1. 出会う
  2. 信頼関係を構築する
  3. プレゼントを渡す

「プレゼントを渡して喜んでもらいたい」という“理想の未来”を叶えるためには、まずそもそも「①出会う」がないと始まらないし、出会っても「②信頼関係構築」ができていないと、プレゼントは渡せないですよね?

「②信頼関係構築」ができている相手に「③プレゼントを渡す」をするから、「喜んでもらえる」という“理想の未来”を創ることができるんです。

ちなみに、この3つのステップは、マーケティングとかビジネスの世界では、下記のような言葉を使って説明されることが多いですね。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

これは、個人的な価値観なんですが、どの言葉も「冷たさ」を感じるので、僕は上記の言い方が好きじゃないんですよね〜(⌒-⌒; )

だから、前述した表現に変換して使うようにしています。

さておき。

冒頭でご紹介した、「WEB集客に必要な3種類のコンテンツ」というのは、つまり、この「集客」「教育」「販売」という3つのステップを満たすためのコンテンツ。ということになります。

それでは次に、それぞれのコンテンツがどんなものなのか?具体例を交えながら、ご紹介していきます!

WEB集客するなら知っておきたい!【3種類のコンテンツ】

冒頭でもお伝えしたとおり、WEB集客を成功させるためには、以下3種類のコンテンツが必要です。

  1. 集客目的コンテンツ
  2. 信頼構築目的コンテンツ
  3. 収益化目的コンテンツ

それでは、一つずつどれがどんな意図を持ったコンテンツなのかについて、解説していきますね^^

①集客目的コンテンツとは?

読んで字の如くなんですが、「集客」を目的にしたコンテンツのことです。

どんなビジネスでも、まずはお客さまとの「出会い」がなければ、はじまりません。

「出会い」の形は、発信者の意図によってそれぞれなんですが、

もしあなたが専門家として活動しているなら、あなたの専門性を求めている人が「ほしい」と思う情報価値を発信するのがおすすめです。

そうすることによって、最短距離で見込み客の方と出会うことができます。

ただ、企業や先輩発信者の方がコンテンツ力やコンテンツ量が多く、真っ向勝負では勝てないことが多々あります。

なので、発信初期の段階では、「穴場」を狙っていく必要があるんですよね!

また、認知の拡大や、アクセス数UPを図りたいだけなら、トレンドを活用していくという方法もあります。

今話題になっている旬の話題をテーマに、自分の発信物を用意することで、多くの方の目に留まるコンテンツを作ることが可能です。

ただし、「多くの人の目に止まること」と「売上に繋がること」は、必ずしもイコールではないので、注意が必要。

自分の発信スタイルに合わせた、戦略をとっていく必要があるんですよね。

例えば、僕のサイトの場合、下記の記事はトレンド要素を入れているものなので、このサイトのアクセスUPに貢献してくれています。

ですが、僕が現在ご提供しているサービス(WEBコンサルなど)と、距離感の近い人が必ず見に来るわけでないコンテンツなので、この記事をきっかけにお仕事に繋がる可能性は、ほとんどありません。

「集客」と一言で言っても、やり方はたくさんあります。

なので、大切なのは自分にあったやり方を見つけて、選んでできるようになりたいんですよね。

100人にナンパをして、異性と出会うことが得意な人もいれば、お見合いでたった1人の人と出会う方が上手く行く人がいるのと同じイメージです。

WEB集客を成功させるためにも、あなたの目的にあった集客の仕方を選んでいく必要があります。

②信頼構築目的コンテンツとは?

前述したとおり、WEB集客を成功させるためには、「信頼構築」というフェーズが必要です。

出会った直後に婚姻届を出す人がいないのと同じで、WEB集客をするためにも、信頼構築という段階はとても大切なんですよね。

では、信頼構築をするためには、どんなコンテンツを作れば良いのか?

その答えは「自己開示コンテンツ」です。

自己開示ができていればいるほど、信頼関係構築はしやすくなります。

これはWEBの世界だけに言えることではありませんが、腹を割って話をしてくれる人って、信頼できますよね?

作り笑顔が張り付いたような人には、違和感を感じて、距離を置きたくなるものです…

そんなリアルの場では、当たり前に出来ているようなことでも、WEB上になると出来なくなってしまう。という方は結構多いもの。

あなたは、普段の発信の中で、自己開示できていますか?

自分が扱っているビジネスの商品サービスの話ばかりしていませんか??

ちょっと、イメージしてみてください。

会うたびに商品サービスの紹介ばかりしてくる人と、深い友人関係になれるでしょうか?

今の時代は、モノや情報が溢れている時代なので、「何を買うか」よりも「誰から買うか」の時代になったと言われています。

あなたは、あなたの大切なお客さまから見て、信頼に足る発信ができていますか?

「選ばれる個人」になるためにも、気取らず、ありのままで、人間力溢れる魅力的な自己開示コンテンツが作れるような発信者でありたいですよね。

ちなみに、このサイトの中にも、もちろんいくつかの「信頼構築コンテンツ」がありますが、代表的なものをご紹介すると、プロフィールページがこれにあたります。

僕の価値観や経歴などを、自己開示してまとめているからですね。

よかったら、参考になさってください。

③収益化コンテンツとは?

マネタイズを目的にしたコンテンツのことです。

ご自分の商品サービスを持っている事業主さんの場合は、ご自分のサービスをまとめたサービスページ(LP)がこれにあたりますし、

アフィリエイターのような、他社の商品サービスを商品として扱っている方の場合は、その商品について解説した「まとめ記事」や「ランキング記事」などが、収益化コンテンツであることが多いです。

ちなみに、WEB上における「収益化コンテンツ」を、リアルの場に置き換えて考えてみると、飲食店におけるメニュー表のような存在のことになります。

なので、収益化コンテンツは、

  • メニューの内容がわかるように作られていること
  • できればメニューが魅力的に見えるように作られていること

が、良い収益化コンテンツを作るためのポイントになります。

いくら集客コンテンツや信頼構築コンテンツがたくさんあっても、収益化コンテンツがなければ、マネタイズはできませんからね〜

WEBからの売上が上がらずに悩んでいる方は、収益化コンテンツを見直してみる、というのも大切ですよ。

まとめ

もう一度だけ、大切な部分を最後にまとめておきます。

WEB集客を成功させるためには、以下の3種類のコンテンツが必要です。

  1. 集客目的コンテンツ
  2. 信頼構築目的コンテンツ
  3. 収益化目的コンテンツ

どれかが欠けていてもWEB集客は上手くいないし、偏っていてもいけません。

自分扱っている商品サービスや、ご自分の性格・カラー・世界観に合わせて、調整していく必要があります。

あなたがまだ、これら3種類のコンテンツについて、意識したことがなかった。ということであれば、この機会に、普段自分が発信しているコンテンツがどこに当てはまるのか?を考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、クライアント様からよく聞かれる質問なんですが、それぞれのコンテンツ要素は混じり合ってOKです。

というか、自然と混じり合うことになるはずです。

例えば、ブログで集客目的コンテンツを作ったとしても、言葉選びの中に、あなたのお人柄が入るので、信頼構築目的コンテンツとしても意味合いも自然と入って来ます。

つまりは、自分がコンテンツを作るときには「どんな意図を持って作るのか?」が大切!ということなんですよね。

情報発信は、ただすれば良いというものではありません。(もちろん、しないよりは良いですが)

自分が生み出す一つひとつのコンテンツに、意図や愛を込めて積み上げていくことが、WEB集客を成功させるためのコツです。




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアをする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ご感想いただけたら嬉しいです!(コメント欄はアウトプットにもご活用ください)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次