こうして僕はフリーランスになった①おばあちゃんとの出会い編

なんでフリーランスになったんですか?

どうやったら会社員→フリーランスになれますか?

ありがたいことに、そんな質問をしていただけることがよくあります。

僕は28歳の頃のはじめた「ブログ」がきっかけになって、29歳で介護職→フリーランスになりました。

そこで、これからフリーランスとしての働き方に挑戦してみたい!と思っている方の参考になれればと思い、

「僕はこうしてフリーランスになったシリーズ」として、僕が会社員→フリーランスになった経緯を何本かの記事にまとめてみようと考えました。

  • 会社員→フリーランスになってみたいけど、挑戦するのが怖い…
  • フリーランスに興味はあるけど、何からしたら良いのかわからない
  • 岩手は“田舎だから”、パソコンで起業するなんて無理でしょ?(←まだこういう方は、けっこう多い印象)

もし、今のあなたが上記のようなことで悩んでいるなら、僕の体験談が、何かの参考になれましたら幸いです。

ゆうと

僕の挑戦をおっぴろげていきますね!

目次

僕の人生を変えた、90歳のおばあちゃんとの出会い

ゆうと

僕は「WEBサポーター」という形で、フリーランスになりました。

こういう話をすると、「元々WEBに詳しかったんでしょ?」なんてよく言われますが、前職は「ケアマネジャー(介護職)」で、WEB職とは全く違う業種で働いていました。

では、なぜ介護職→WEB職という違う働き方を志したのか?

そのきっかけは、介護職中に僕が出会った、とある90歳のおばあちゃんから聞いた、ある一言があまりにも衝撃的だったからなんです。

人生を見つめ直した一言。

介護職をしていた当時、僕はいろんな高齢者の方に

ゆうと

何十代の頃が一番幸せでしたか?

と聞くとのが、マイブームだったときがあったんですよね。

すると、たいていの方は、僕が期待していたとおり、健康で体力のあった「20代〜40代の頃が一番幸せだった」と答えてくださったんです。

  • 「なんでもできた20代の頃が楽しかったな〜」
  • 「子供が小さかった30代の頃に戻りたいわ」
  • 「仕事がバリバリできた40代の頃が良かった」

人生の大先輩から聞くお話はどれも興味深く、20代の頃の僕は、自分の人生を描いていく上でのヒントを探すかのように、高齢者の皆さんのお話を食い入るように聞いていました。

でも、その中に一人だけ、とある90代のおばあちゃんだけが、他の方とは違った答えを持っていました。

私は、今が一番幸せだよ。

…その一言は、今ままでの僕が「常識」だと思っていたものを、一気に崩しました。

そして、それと同時に

ゆうと

僕は「今が一番幸せ」と言える人生を生きているんだろうか?

と深く考えるきかっけをくれた一言にもなりました。

「僕にとっての『今が一番幸せ』と言える生き方とは?」

そう考えてみると、

  • 会社員として働くことが、本当に自分にあった働き方なんだろうか?
  • たった一度の人生。自分にしかできないことで、働いてみたい!
  • 家で仕事をしながら、家族に「おかえり」が言える父親になってみたい

など。それまでは見ようとさえ思わなかった「本音」が、ムクムクと湧いて来たんですよね。

あのおばあちゃんがくれた一言があったおかげで、僕は「この人生は僕の人生なんだ」と自覚することができたと感じています。

道に迷いまくった20代

とはいえ、最初から今の働き方に行き着いた訳ではなく。

20代の頃は、「何かに挑戦したいけど。何をしたら良いのかわからない。」という道に迷いまくった時期がありました。

(今も、試行錯誤の毎日ではありますが)

  • シンガーソングライターとして活動を広げてみたり
  • イベンターとして100回以上のイベントを主催してみたり
  • 副業でカメラマンの仕事に挑戦してみたり

本業としていた介護の仕事では、難関資格のケアマネジャー(当時の合格率は11%)まで取得しました。

無駄な経験は一つもなかったと感じていますが、「給料」の他には、自分の力で「収入」を生み出すところまでは行けなかったんですよね。。

当時は会社員としてしか働いた経験がなかったので、自分の力で「仕事をつくる」という感覚が分からなかったんです。

本気で取り組んでいるはずなんだけど、なかなか趣味の域を越えられないことに、もどかしさばかりが募る日々を過ごしていました。

そこで、「稼ぐ」をするために、株やFX、仮想通貨にも挑戦!

でもどれも僕には合わなくて、あっという間に挫折してしまいました。。

ゆうと

やっぱり、僕には無理なのかな。。

と諦めかけていたとき。

当時勉強していた仮想通貨に関するブログの中で、僕の人生を変える衝撃的な一言に出会いました。

実は、仮想通貨ブログを書いている人は、仮想通貨よりも“ブログ”で稼いでいるってご存知ですか?

当時の僕は、ブログが仕事になるだなんて知らなかったので、この一言がかなり衝撃的だったんです。

ゆうと

え??ブログって仕事にできるの?!

その出会いから、少しずつブログの勉強をはじめていったことがきかっけで、現在のフリーランスとしての働き方が選べるようになりました。

でも、ブログも最初から上手く行ったわけではなくて、実はわずか開始2ヶ月で一度挫折してしまったという悔しい過去があります。

「ブログで人生変えるぞーー!!」

くらいの意気込みでブログを始めてみたものの。

独学で挑戦してみた結果、何をどう、どんな順番で取り組んだら良いのかが、全くわからなかったんですよね。

1円も稼ぐことができなかった。

でも、そんな僕でも、あることをしたら、翌年には年商1000万円を達成するビジネスを作ることができたんです。

僕は、どうやってブログをきっかけにフリーランスになることができたのか?

次回の記事では、「約1年で1000万円を稼いだ話編」をお送りさせていただきますね!




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアをする

Profile

生粋の岩手県民。元ケアマネ→WEBコンサルタント×シンガーソングライターへ。フリーランス歴4年目。宝物は妻と2人の息子たち。「今が一番幸せ!」と感じながら生きることが人生のテーマです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる